山道具

スポンサーリンク

安くて軽くてコスパ良し カインズ折りたたみポータブル焚き火台

初めて買ったカインズの焚き火台のレビューです。 ピコグリルと同じ構造ながらコスパに優れた焚き火台 キャンプを楽しむために、同じ機能と値段なら軽くで小さいものを買うように心がけています。 焚き火台を初めて買うにあたり、1〜...

いつでも持ち出したい超軽量ハンモック Kammok ルーシングルUL

ハンモックデビューに選んだKammok ルーシングルUL(Roo Single UL) 最近、新しい山での過ごし方としてハンモックに興味が湧いてきて、登山で使うことを目指してハンモックを初めて購入。 買ったのはアメリカのブラン...

ありそうで他にない便利さ 山と道 Stuff Pack XL

たまに行く那須の登山用品店で見かけて買った山と道Stuff Pack XLを紹介。 山と道 Stuff Pack XLの特徴 こちらが開封前のStuff Pack XL Stuff Pack XLは容量9Lのスタ...

コスパで選ばれる山テント モンベル ステラリッジテント

おそらく日本全国の人が最初に買う山岳テント、自分が最初に買ったテントでもあるモンベルのステラリッジテントを紹介します。 ステラリッジ2のスペック ステラリッジテントはモンベルの山岳用テントのシリーズ。1人用〜6人用まで...

エコで使いやすい固形燃料Fire dragon/ファイヤードラゴン 山で使ってみた

登山道具の軽量化の一貫で取り入れたエスビットの固形燃料(過去記事あり↓)よりも優れている?新しい固形燃料を山で試してきました。 エスビットの固形燃料の記事です。 FireDragonの特徴 FireDragon 14...

Salomon SENSE RIDE 5 GTX ハイキング目線でのトレランシューズレビュー

SENSE RIDEは欠点らしい欠点がない 開封直後の写真 今シーズン用に新しく買ったトレランシューズ Salomon SENSE RIDE 5 GTX。 ほとんど登山にしか使っていないトレランシューズ、これで自分にとっ...

エスビット固形燃料クッカーセットをテント泊で使ってみた

軽量化のため導入したエスビットの固形燃料をつかった軽量なクッカーセット。 実際にテント泊にいって使い勝手を確認してきました。 使ったテント場:三斗小屋温泉 大黒屋 今回テント泊したのは那須の茶臼岳付近にある三...

山と日常をカバーするバックパック パーゴワークス バディ22 [ Paagoworks Buddy22 ]

パーゴワークスBuddy22はとにかく使い勝手の良い軽量バックパック Paago Works(パーゴワークス)のBuddy22は、容量22Lのバックパックで山であれば日帰り〜小屋泊に、街では通勤や日常で使えるバックパックです。 ...

エスビット チタニウムストーブと固形燃料でつくるULストーブセット

山道具の軽量化のために固形燃料ストーブを導入してみました。使ってみた感想を書いていきます。 2023.6.5更新 実際にテント泊でも使ってみました。こちらの記事も良ければ見てみてください。 エスビットチタニウムスト...

山でも街でも使えるニット帽 ウールパワー ビーニークラシック レビュー

最近導入したニット帽を紹介します。 ウールパワー ビーニークラシックの概要 シンプルなダークネイビーのニット帽 ビーニークラシックはスウェーデンのウールパワー社製のニット帽になります。価格は¥4,400です。メリノウール...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました