登山のUV対策ウェア「サンフーディ」を語る

登山の日焼け対策として、サンフーディを愛用しています。日傘、日焼け止めに変わる選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

サンフーディって何?

サンフーディとは、超簡単に言うとフード付きのロンTになります。

UVカット効果のある生地で作られた長袖+フード付きシャツなので、腕だけでなく頭、首、耳、顔周りの日焼けができます

最近の夏スタイル。キャップ+サンフーディ+サングラス。

日焼け対策したい時期にロンTなんか暑くて着れない!という方もいるかも知れませんが、サンフーディは通気性が高く、速乾性のある素材でできているので、暑い時期も快適に着用できますよ!

サンフーディが使えるワケ

それは、自分にとってサンフーディが一番ストレスなく日焼け対策ができるアイテムだからです。では、他の日焼け対策アイテムと比較してみましょう。

日焼け止め

まず、日焼け対策として一番代表的な日焼け止めです。肌が白くて絶対に焼きたくないのでアネッサの日焼け止めを愛用していますが、色々問題があります。

  • 汗をかくと流れてしまう
    気温が高く、活動量が多いハイキングには相性が悪いです。特に首、腕などは汗の量が多く、日焼け止めを塗っても汗で流れてしまったり、あとから塗り足そうとしてもちゃんと塗れなかったりでストレスが貯まります。
  • 日焼け止めを塗ったあとの肌はなんだかベタついて不快
    どんなにいい日焼け止めを使っても、肌の弱い筆者にはあんまり合わないです。また、汗に強い日焼け止めほど石鹸で落としにくいです。
  • 耳周りなどの入り組んだ場所に塗りにくい
    耳の周りや首のうしろなど、単純に塗りにくいし、本当にちゃんと塗れているのか?心配になりますね。

そんなわけでできれば日焼け止めを塗るのは最小限に済ませたい。。。

日傘

次につかえるのが日傘です。これはアンチ日焼け止めの自分は非常に気に入っていて、日焼け対策だけでなく体感温度も下げてくれる夏には欠かせないアイテムです。気に入りすぎてブログにも書きました。

が、日傘にも課題がありあます。

問題点は、使える環境が限られることです。風が強い稜線などでは、風に煽られて危険なので使えません。また、岩場や鎖場など両手を使って登る必要がある場所ではザックにしまうしかありません。

サンフーディ

サンフーディ+山と道miniのお気に入り山道具コンボ

そんなわけで、自分のUV対策のメインとなるのがサンフーディです。サンフーディであれば、

  • 汗をかいてもUVカット効果に影響なし
  • 首周りや耳、頬のあたりもフードでカバー
  • 風が吹いても、両手が塞がっても問題なし

夏のハイキング中はこれをベースレイヤーとして着ておけば、どんなシチュエーションでも使えて、日焼け止めの塗る箇所も最小限にできる!

日差しの強い日は、サンフーディをベースレイヤーとして1枚来て、更にキャップを被り、顔の額/鼻/頬、首の後ろなどの日焼けしやすい場所だけ日焼け止めを塗ります。

サンフーディ着用時の通常モード

これでUV対策はほぼ完了です。袖が長いので腕に日焼け止めを塗る必要がありませんし、商品によっては手の甲までカバーできるので腕周りの防御は問題ありません。

日差しが強すぎて首の後ろを焼きたくないときは、フードを被れば首の後、耳、顔まわり(頬など)はカバーできてしまいます。キャップをかぶっていれば目の周りなども基本日除けできているので、これで安心です。

フードon状態

すでに書いたように、通気性のいい素材でてきているので、フードかぶっていても快適ですし、逆に風が吹いて寒いときは程よく保温してくれるので個人的には一番バランスの良いベースレイヤーだと思っています。

自分が使っているサンフーディ

パタゴニア / キャプリーン クールデイリーフーディ

まずいちばん皆さんにおすすめしたいのが、パタゴニアのキャプリーンクールデイリーフーディです。

出典:Patagonia公式サイト

生地が非常に薄く、肌触りもサラッとしていて、何も着ていないかの様な軽い着心地です。

生地が軽いおかげでフードが首元にあってもまったく邪魔にならず存在感がありません。

さらに、抗菌防臭加工もされているので、汗をかいても臭いにくい。

このサンフーディをこの2年愛用しています。値段は¥6,600です。

Amazon Essentials / プルオーバーパーカー

こちらはAmazonオリジナル商品のサンフーディになります。海外の登山系YoutuberのKraig Adams氏が動画内でおすすめしていて、急激に認知されるようになりました。

この商品のいいところはとにかく安いこと。値段は驚きの約¥2,000(若干の変動あり)です!

機能的にはパタゴニアと同じく速乾性のある素材で肌触りもいいですが、パタゴニアよりは若干生地が厚いです。ですが、パタゴニアにはないサムホール(親指を通す穴)が袖についていて、これにより手の甲までしっかりカバーできます。

また同じサイズであればパタゴニアよりはゆったり目のフィット感で、フードも大きめです。

これは、ベースレイヤーとして売っているパタゴニアとの設計の違いでしょう。でもゆったり着たい人は、パタゴニアでも1サイズ上を買えば問題ないです。

どっちがいいか

2つを比較すると生地に大きな差があるので、暑がりな方は方はパタゴニアを選んでおけば間違いなし、とにかく安いので試したい方はAmazonを選べば良いでしょう!Amazonの方も十分生地は快適ですし、サムホールが付いているのも魅力ですね!

追記:最近見つけた良さげなサンフーディ

最近見つけたアークテリクスのコーマックフーディもデザインもよくおすすめです。

こちらはヘルメットに対応した大きめのフードと、サムループが付いておりゆったりしたフィット感のようです。

何よりカラー展開も豊富でおしゃれなのでこちらも検討してみてください。

おまけ:ウィンドブレーカーでも良いのか?

別に長袖でフード付きならなんでも良くない?と思った方も居るかもしれないので書いておくと、サンフーディは基本着っぱなしで活動するためのものなので、生地の通気性と速乾性がポイントなのです。ウィンドブレーカーなど通気性低いものは、冬なら良いかもしれませんが3シーズンで使うには不快な思いをすると思います。

まとめ

このサンフーディと日傘ががあれば、真夏の高山も快適に過ごせること間違いなし!

サンフーディは他にも商品があると思うので、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

これから夏シーズン本番、日焼け対策をして快適な登山ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました